スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、石狩とピンクの空

音楽好きの私たち夫婦。
年に5~6回は(もっとかな?)ライブにいきます。
そんな私たちがいつか行ってみたいね、と話していた
「ライジングサン」ロックフェス、旦那さんが夢を叶えてくれました!

しかも日程は8月17日~19日早朝。
28回目の誕生日をフェスのクライマックスで迎えるなんて・・。
夢のようなことです。

フェスのためにテントをはじめキャンプ用品も最低限ではありますが取り揃え、いざ石狩の地へ。

20070820190208.jpg



◇8月17日◇
オープニングは『Dragon Ash』、Kjのかっこよさにメロメロ

『ハナレグミ』は楽しみにしていたアーティストの一人。
CD以上にピースフルなステージでますますファンに。
秋のワンマンライブには絶対いきます!

大人気の『木村カエラ』は前方へいくも私の身長ではステージが見えず。うー残念。旦那さんがなんとか持ち上げてくれ、一瞬だけど生カエラちゃんが見えました。

通りがかりに聴いた『井上陽水』、少年時代はさすがの大御所ぶり。
夕焼けと重なりゆるりとした時間が流れました。

テントに戻り『INO hidehumi』を聴きながら少し休憩。INOさん、かっこよかった。

夕食でパワー充電したあとは『HAWAIIAN6』へ。
全くの無知識、旦那さんの趣味に付き合いましたが、かなり熱いステージでした!泣いてる男子続出・・。私もなぜか泣きそうに。笑。

この日最後のステージは『KEMURI』!!
これも旦那さんと出会ってから聴くようになった音楽。
熱いステージで踊り狂い、ふみお氏のメッセージに半泣き。。。
この音楽に出会えてよかった!と心から満喫。

このあとシャワーを浴びて汗と汚れを流し、テントで眠りにつく・・

◇8月18日~19日◇
さすがに昨日一日フル稼働で疲れたか、お昼過ぎまでだらだらゴロゴロ。テントでゴロゴロ出来るのも、都市型フェスにはない石狩ならではの醍醐味!うーん、もう都市型フェスには戻れないかも、なんて思ったり。

この日のスタートは『アジカン』。実はあまり聴かないけれど、若者のファンがものすごーーく多く、我らover25歳は後ろのほうでのんびり聴く。
若いファンの皆様のはしゃぎようで、文字通り大地が揺れておりました・・すごい。


20070820190230.jpg


そしてこのフェスでファンになってしまったのが『BEGIN』。
「何話していいかわからない」と言いながら魅せてくれたステージ!最後の「涙そうそう」では涙が止まりませんでした・・。
夕暮れの時間帯とぴったり重なり、平和で温かな時間・・幸せです。

お次はこのフェス最大のビッグネーム『矢沢永吉』、そう、えーちゃんです!どうしても見たく、残り少ない時間にもかかわらずえーちゃんのステージへ大移動。
生えーちゃんは本当に本当にパワフルでかっこよかった!!
特に旦那さんはえーちゃんにしてやられた様子。
男子の永遠の憧れなのかも。。。

この日の夕飯は『UA』を聴きながら。なんとも贅沢なときです。

お腹もいっぱいになり、再びパワーが湧き出てきた夜22:00。
『スカパラ』のステージがスタートです!
スカ系のライブは何度も行きましたが、スカパラは別腹。
うーんかっこいい!!全身の力を振り絞って踊り狂いました♪♪♪

『スカパラ』でパワーを使いきり、また時間も23:00を過ぎたのでそろそろ疲れ・・『BUMP OF CHICKEN』は座って後ろで少しだけ。
だんだん体も冷えてきたのでテントに帰ろうととぼとぼ歩いていると・・

『BOOM BOOM SATELLITES』のステージが。
想像以上のかっこよさ、ノリのよさに思わず足を止めて踊りました!
踊ってる間に日付が変わり28歳に!
子供の頃、28歳の自分は子供がいて子育てに勤しむママであることを信じて疑わなかったのに、実際は野外ライブで真夜中踊り狂う28歳になっていました。笑。人生何があるかわからないな~。

シャワーを浴びてからは疲れがどっとでて、TAKKYU ISHINO氏のクラブミュージックが聞こえる中、テントで熟睡。すごい、どこでも眠れる、私。
でも眠い目をこすり30分後に起床。


20070820190218.jpg


夜明けのステージは『Cocco』。
石狩湾から出る朝日を見ながら聴いた「強く儚いものたち」。
きっと一生忘れないし、このときピンク色の空を見ながら流れた涙は言葉に出来ません。
生きててよかった!!そして私をこのフェスに連れてきてくれた旦那さん、本当に本当にありがとう!あたしは幸せものです。

****************
もっとフェスの感動を伝えたいのに、伝えきれない自分の文才のなさに凹みながら書きました。
私はきっとこの最高の28歳の幕開けを生涯大切な日として思い出すと思います。

私たち夫婦はこれですっかり大自然フェスに魅了されてしまいました。
二人の年間行事に今後も組み込まれることでしょう。
そしてキャンプももっと楽しみたい!
秋にはもう一度、キャンプをする計画を立てたいと思います。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://teineini.blog115.fc2.com/tb.php/6-aa714767

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

naho

Author:naho
花と音楽と旅が好き。
好きなものと、息子の成長を徒然と。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。