スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年

初産とは思えない安産で、元気良く産声をあげてくれた日から1年。
あっという間でした。

息子にとっては、この世に誕生してわずか1年の間に寝返り打って、ハイハイして、つたい歩きして。
母乳だけだったのが、今や離乳食の後期で魚も肉も(牛肉以外)食べるようになり、
劇的な変化のある1年だったんだろうなぁ。

何度か、私も悩んだり立ち止まったりしてしまったけれど、その度に誰かの温かい励ましに勇気付けられたり、元気をもらったりしてきました。
とりわけ、主人や母、学生の頃からの親友にはいつも、いつも、助けられてきたなぁ。
そして、保育園の先生にも。
1歳前に仕事復帰すること、随分と勝手なことも言われたりもしました。

でも私は子育ての道程のなかに、保育園という場所があって本当によかったと思っています。野暮な悩みも真摯に応えてもらったり、息子の成長を涙目になって喜んでくれる先生達に、私も息子も沢山の想いをもらいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。



お誕生日のお祝いは、両家じじばばも招きました。
大人の食事はお寿司にも頼りましたが、何品か手料理も作って、息子のケーキも不恰好ですが、なんとか形になりました。
日頃の感謝の気持ち、両親たちに届いたかな。



主役は終始ご機嫌で、一升餅を背負ったり、選び取りをしたり。
選び取りでは貯金箱(お金に困らない)→鉛筆(勉学が出来るように)を選び、特に私の父が喜んで、そのあと必死に単語の絵本を読み聞かせ。笑。

どんな未来がやってくるか分からないけれど、どんな未来でも寄り添える母親でいたいなぁと、思った1日でした。

奏ちゃん、1歳おめでとう!そしてありがとう。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

naho

Author:naho
花と音楽と旅が好き。
好きなものと、息子の成長を徒然と。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。